メルマガではコンテンツを売るなストーリーを売れ! 本気で稼ぎたい人にぶっちゃけます

こんにちは、康介です。

今回は、

メルマガは稼げるっていうけど

何を書いていいか分からないな・・・

という疑問を解消したいと思います。

そもそもメルマガはどう活用していくのか?

実体験も交えて、ざっくりとお話したいと思います。

メルマガを仕組みに組み込むと成約率が上がる

このブログを読んでくれている人は、

情報発信やブログアフィリエイトをしている人が多いので

メルマガ自体は知っているかと思います。

(メルマガについてはこちら

「メルマガはオワコン」とか言う人がたまにいますが、

そういう人はマインドがオワコンになっている人なので

無視してください。

ちゃんと機能させれば、高額なものでも販売可能になります。

そういった心理誘導をすることで売れてしまうのです。

すごく胡散臭いですが、本当なので悪用は厳禁です。

私の実例ですと、別のサイトで恋愛系のコンテンツ販売や

アフィリエイトを行っていますが、ほとんど放置プレイで

以下のようにポロポロッと売れたりしてます。

この仕組みはめちゃくちゃ簡単で、以下の流れを組んでいるだけです。

ブログ→メルマガ→メルマガ内でアフィリエイト

なぜそれが可能かと言いますと、

ブログ記事を読んだ人がメルマガに登録してくれて

メルマガを読んでくれた人が商品を必要としてくれるように

仕組んでいるからですね。

仕組むというと、言い方は悪いですが

そういうマーケティングになっているということです。

メルマガの書き方一つでこの成約率は

大幅に変わってきますので書く内容が重要です。

と言いましても、ライティングのスキルは大きな問題ではありません。

単純に知識として知っていれば再現可能なものです。

正直、 読者はノウハウなど必要としていない

メルマガの書き方を調べると他のサイトでは、

「価値提供をせよ」「コンテンツを配りまくれ」

といったことが書かれていることが多いです。

確かに、それも大事です。

ですが、ここは重要なんですが

「メルマガを読んでくれる人」というのは、

ノウハウなんて基本的に欲していません。

それよりメルマガを書いてる人の人間性を

知りたがっていたりします。

ここを誤解してしまうと何も売れなくなってしまいます。

(全くということはないですが・・・)

ぶっちゃけて言いますと

私はこの真理にたどり着くのに2年近くかかっています。

それまでは、

こうすればうまくいくと言った情報やノウハウばかりを

提供していました。

それこそ半年近くかけて作ったコンテンツを

無料配布とかしたりしてました。

当時、仕事もしていたので通勤中に作業したりと

必死にやってましたが、その成果は無残なものでしたね。

野球のダルビッシュ選手の

練習は嘘をつかないって言葉があるけど、

頭を使って練習しないと普通に嘘つくよ

って言葉があるんですが、ぐっさりそれが刺さった感じでした・・

そういった経緯があるので

これを読んでメルマガ発行を考えているなら、

そうならないためにも今からお話することは

心から意識して欲しいと思っています。

悪用厳禁:すごいと思わせるよりワクワクが大事

私だけかも知れませんが、メルマガというと

どうしても”教える”という立場として考えてしまい

気負ってしまうかも知れませんが、

そこはあまり意識しないでください。

ノウハウは収入源でもあるので最終的には必要ですが

その前に必要な過程はあるのです。

先ほども少しお話しましたが、読者はまず

メルマガ発行者の人間性を見てきます。

そこから何を欲しているかと言いますと

”ワクワク” ”期待” です。

私がやっていた恋愛系の情報発信の場合なら

『この人の話を聞いていると何か俺にも彼女ができそうな気がする』

と思わせてくれるか?です。

定番としては、

「昔はモテなかった自分がいまではこんなにモテるようになった」

という過去話をできるだけ面白く話すことになるのですが・・・

ここが私が恋愛ジャンルから撤退した理由でもあります。

というのも、自分でいうのはなんですが自身が女性に

困ったことがそんなかったのでエピソードを語るのが辛かったんです。

モテないエピソードを使わずに・・

かつ自慢(嫌味)にもならないように・・・

しかも面白く・・・と思考しながらやっていたのですが

この時の私は残業が当たり前といった

某アパレルショップで働いていたこともあり

脳へのダメージがハンパではなかったです。

一方で、

私を恋愛系情報発信に引きずりこんだ(誘ってくれた)

友人がいたのですが、この彼は自身が恋愛教材に救われて

本当にモテるようになったというエピソードを持つ超優等生でした。

例えば、

「昔の僕はガンダムの知識くらいしか会話のネタがなくて、

女性がセシルマクビーが好きといった時も新しいモビルスーツか?

と思ったくらいでした。」

みたいなエピソードをバンバン連発してくるような

私にとって良い手本であり超えられない壁でしたね。

いまでこそ素直にそう思いますが、当時は友人に負けたくない。

という気持ちで執着して自分が稼ぎにくいジャンルに

囚われてしまっていたなと思います。

なので悪いことは言いません。

「何となく」とか「稼げそうだから」という理由で

自分に向いていないジャンルでビジネスを始めるのは

やめたほうがいいです。

どうしてもなら止めませんが、大切な時間を無駄に

してしまうかも知れないことが覚悟しておいた方がいいです。

話が逸れてすいませんが、

まずはワクワクさせる。

そこから、やる気にさせていく。

その後にノウハウを紹介、販売する。

というのが正しいメルマガの心理の流れです。

こういった顧客心理の動かし方というのは

ある程度、手法がありますので具体的な話は

また別の機会にしたいと思います。

まずは、とにかくコンテンツを売ろうとせず

自分の自己開示をしてストーリーを語ることを

意識してみてください。

東海林さだおに学ぶストーリーテリングとファン化の重要性
こんにちは、康介です。 今回は、 ネット副業やってて本当に稼げるのかな? と心配されている方に読んで欲しいのですが...