お金を稼ぐことと勉強の必要性をリンクして、勉強嫌いを治そう

google

どうしても勉強するのが好きになれない

これってなんとかならないかな?

『勉強が嫌い』『勉強が苦手』

私も超がつくほど勉強は嫌いで、

『やる意味がわからない』

と思っていたタイプでした。

「勉強しておけば、いつか役に立つ」

「いい大学を出れば就職の幅が広がるから」

「絶対後悔するから今のうちやっておくべき」

こういった説得力のない言葉で、

勉強の大事さを諭してきます。

そうして勉強へのやる気が出ない・・・

そんな状態のまま生活を続けていると

少しずつ学力に差が出て頭は悪くなる一方です。

以下では、

いくつか勉強嫌い克服の方法を解説しますので、

これならやれそうというものを実行してみてください。

お金を稼ぐための手段として勉強をする

筆者が勉強嫌いを克服したのは、

『効率よくお金を稼ぐため』でした。

これは最もシンプルで強力な勉強の原動力だと

思っています。

「いや、未成年なんで無理です・・・」

と諦めてはいけません。

あなたが小学生だろうと働く方法など

いくらでもあります。

たとえば、

小学生でもできるお金稼ぎの手段として

「メルカリ」で物を売る。

「クラウドソーシングサービス」

でブログ記事作成のバイトをする。

などインターネットを利用して

お金を稼ぐことはできます。

メルカリのケース

仮に、メルカリを始めたなら

算数や数学の必要性を嫌というほど

実感できるでしょう。

大事な利益の計算には引き算を使いますし、

複数の商品を手に入れようと思ったら、

掛け算も必要になってきます。

急な値引き交渉に送料を引いても利益は残るか?

など瞬時に考えるのに

数字に強くて損するわけがないからです。

クラウドソーシングのケース

ブログ記事を書きはじめたら

最低限の文章構成力だったり

豊かな表現をするための日本語そのものの重要性を

嫌というほど感じれられます。

実際、

いまスマホでニュースアプリなどがありますが

読みやすい記事は読ませるための日本語の技術が

たくさん詰め込まれた国語の結晶です。

もし自分の書いた記事が納得いかないものしか

書けないなら真剣に学びたいと思うようになるでしょう。

こんな風に、

『お金を稼ぐ=ビジネス』に勉強を直結させることは

非常に効率的です。

勉強が好きになる→ビジネスに活かせる

→お金が多く稼げるようになる

→新たな、成長のためにまた勉強する

という最高のループが出来上がるわけですね。

いま、働いている人なんかは学ぶべきことが、

具体的なわけですからもっとチャンスですよ。

仕事に関して直接有用なことを勉強すれば、

専門性が特化されて会社で必要な人材となれます。

そうすれば、会社というところが

いかに働きぶりに対して報酬をくれないところか

知ることができます。

そうすれば、

「あ、俺独立するわ」と考える第一歩になるわけです。

あとは一歩踏み込むだけで、『起業して自分でやる』

という最高に面白いビジネスが待っています。

具体的に何に使うかを考えて勉強する

お金を稼ぐことに、勉強の意欲を湧かせられないなら

他のことに関連つけましょう。

例えば、恋愛なんて手もあります。

最近だとコミュニケーションツールとして

LINEが使われていますよね。

2018年3月時点ではこんな感じみたいです。

※モバイル&ソーシャルメディアより引用

実際に恋愛をどう勉強につなげていくかですが、

例えば、”国語”

男性が女性を口説くとき語彙力があった方が

いいですから沢山学んでおいて損はないですよね。

たとえ

相手の女性の頭が少しアレだったとしても

自分の言語能力が優っている方が有利なのは

言うまでもありません。

例えば、”数学”

デートをするとき、今月のお小遣い事情との

兼ね合いを考えておごって「今月大丈夫か?」の

計算を立てるのに利用できます。

英語に至っては、

日本ではいまだに話せるだけで

『すごい人』『賢い人』というステータスが

得られますから話せるだけでモテます。

例えば、”社会”

貧富の仕組みを学び学年カースト制に応用する。

統計的にリア充層と呼ばれる人間の割合は何割で

どういうことをしているか?

みたいな部分に考えを張り巡らせることで、

社会の仕組みと言うものに多少は興味が湧くでしょう。

こんな風にして、

将来のための勉強の必要性がイメージできないなら

『現在』に必要性を見出してみましょう。

役に立つとかは気にせず、ゲーム化して勉強する

勉強が嫌いな人に取って、

勉強は嫌々やるものになってしまうので

学習能力も落ちていきます。

この解消に、ゲーム化して楽しむ。

というやり方をオススメしておきましょう。

一番簡単なのは『自分ルール』を決めることです。

例えば、

1日1時間勉強しないと、腹筋・背筋50回など

罰ゲーム方式でやるパターン

1日1時間勉強したら、好きなことに時間を使っていい

といったご褒美パターン

これ、シンプルですが結構効きます。

勉強が習慣化していないから、

やる気がないっていうだけの人は

ほぼ確実にコレで勉強ができるようになります。

まとめ

勉強において、重要なのは習慣化です。

なんでもそうですが、

つまらないと感じていることは習慣化しないと続きません。

続けられるような工夫が必要になります。

今回は、いくつかの勉強嫌いを克服する例を

いくつかあげさせてもらいました。

とりあえず、

5分でもいいから先生の話を真剣に聞いてみる。

1ページでもいいから真剣に教科書を読んでみる。

そんなきっかけでもいいと思いますので、

なんとか勉強の習慣化させてみてください。

どの分野、どんな方向性だろうと奥深い道が

待っているので終わりのない退屈しのぎにもなります。

この記事が少しでもあなたの勉強嫌いを

克服する手助けになれば幸いです。

 

お役に立ったらシェアボタンをポチっとお願いします

Click to follow