財テクとは?お金の分類・基礎を知って効率的に増やす準備をしよう

財テクとは・・・財務テクノロジーの略で、資産運用の金融用語として財務(お金)をテクノロジー(技術)を使い増やすことをイメージして作られた造語です。

ですが、現在では少し意味合いが変わってきていて

「少しでも家計を楽にしたい」「将来の心配をせずに過ごしたい」

こういった個人単位のお金を増やす財務テクニックという感覚で使われることも増えました。

そこで今回、個人レベルでもできる財テクをうまく使いこなすための基礎を解説していきます。

お金を効率的に増やすヒントになりますので是非ご覧ください。

財テクの基礎:お金の分類

お金の流れを分類

「勝利のコツは相手を知ること」なんて言いますが、財テクをうまく使いこなすためにも”お金”についてまずは知っておきましょう。

お金の流れを改めるとこのような分類ができます。

❶稼ぐ・・働く、副業

❷節約する・・ポイント制度、コストダウン

❸貯める・・定期預金

❹備える・・保険、資産運用

❺貸し借り・・賃貸、借金

大きく分けてお金を増やす手段出ていくお金を減らす手段に分かれます。

この辺りをもう少し掘り下げて具体的にどんな手段があるのか解説していきます。

お金を増やすための財テク

稼ぐというのは、もっとも重要なお金の流れでこれがないと生きていけません。

・よりよい給料を求めて転職する

・副業を始める

・資産運用をする

最近ではメルカリブログ・YouTuberなどネットを使った副業は盛んですし、iDeCo・NISAなど有利な条件で資産運用が行える環境が整っています。

また個人でも住居を貸して稼ぐことができる「Airbnb」など、新しいサービスも見逃せません。

iDeCo・・毎月一定のお金を積立てて、定期預金・資産運用などに回し60歳で年金として受け取れる制度です
NISA・・株や投資信託で得た利益にかかる税金20%を非課税としてくれる制度です

出費を減らすための財テク

お金の支出を減らすことも立派な財テクです。

・生活にかかるコストを下げる
・ポイント制度を活用する
・手数料の低い銀行を選ぶ

日用品を安いもので代用したり、クレジットカード電子マネーなどキャッシュレスのポイントバックやお店のポイントカードサービスを活用したり、ネット銀行など取引手数料が無料の銀行口座にしたりと出ていくお金を減らしていく方法です。

他にも大きな部分で言えば、保険関連を見直すというのも万単位の節約になったりする部分です。

従来使ってしまっていたお金を貯めたり資産運用に回すことも可能なので、ある意味ではお金を稼ぐための財テクとも言えます。

財テクは手法を知ることが大事です

まずはお金の分類を知り、どういった財テクが現実的にやっていけそうかを把握しましょう。

今回すこし解説させていただいた手段は「初心者におすすめの財テク『攻め』と『守り』の視点から徹底解説」でより詳しく解説しています。