ページ内ジャンプ設定をして読みやすいブログにしよう

  

読みやすいブログとしてタイトルや

記事内容とは別にページ内ジャンプを設定する

方法があります。

もくじは設定したけどページ内ジャンプは知らない・・

ややこしくない?

こういった場合に役に立つ方法になります。

特に長文の記事などでページ内ジャンプを設定

することは

『離脱率が減⤵︎ 滞在時間が増⤴︎

となりやすくSEO効果も見込めますよ。

因みに当ブログでは、

2019年10月のアナリティクスでこれくらいの

滞在時間です。

必ずしも長ければいいという訳ではないですが

読まれているという参考にはなるかと思います。

もくじの作り方について

自動でもくじを作成するものも最近では多い

ですがページ内ジャンプの応用で自作可能です。

もくじ

見出しタイトル①

見出しタイトル②

見出しタイトル③

という感じで書いていけばそれで完了です。

あとはもう一手間かけて

もくじ

見出しタイトル①

見出しタイトル②

見出しタイトル③

囲いをつけてあげるとブログ読者さんが

見やすくなるのでいい感じですね。

囲いの設定をする場合はこちらを参考にどうぞ

HTML?CSS?たまに聞くけどサッパリ・・・ でもブログデザインはオシャレにしたい そんな方に向けてお話をしたいと...

もくじからページ内を移動させる設定方法

もくじを作成したら更にそこから本文見出しへと

ジャンプさせる設定をするとより便利です。

この方法でページ内で指定したところを

クリックするだけで好きな場所にジャンプさせる

ことができるようになります。

ページの移動先を指定するHTML

ページ内ジャンプにはHTMLを使って移動する

先を指定することで可能になります。

(HTMLについては後ほど詳しくお話しします)

<h2 id = “idを指定” > 文章 </h2>

h2』は、hタグ(見出し)を示していて

id = ” “』は、移動先を複数指定したときに

それぞれを区別するための管理番号みたいなものです。

hタグは、移動先にする見出しのサイズで変えてください。

[hタグについて詳しくはこちらで解説しています]

ブログのアクセスアップのために SEOは大事って聞くけど何をすればいいの? こういった悩...

移動先を指定する手順

仮にこのページのトップを移動先に

指定してみます。

(編集画面はワードプレスのものです)

テキスト(HTML)編集で移動先としてid

『kokoniidou』としました。

因みに『h2』だった部分は『a』にしているのは

冒頭の文章が見出しではないからです。

もし、見出しサイズを各々指定したい場合は

h2』を『h3』・・『h6』と書き換えてください。

特に見出しにしない場合(デフォルトサイズ)の

フォントにするには『a』としておけばオッケーです。

移動元を指定して移動先を呼び出してみる

『kokoniidou』と指定したidを呼び出すには

そのためのHTMLの記述が必要です。

(因みにワードプレスだと簡単な設定方法あります)

それがこちらです。

< h2 href = “ 呼び出すidを指定 “> 文章 </h2>

先ほどのHTMLには無かった『href』が、

idを呼び出すためのものです。

そこで、『ここ』を移動元に編集してみます。

少し見にくいですが、青文字になっている”ここ”が

クリックできるようになって冒頭に移動するはずです。

※戻ってくるときは冒頭の『☆』マークをクリックしてください。

ここでの注意事項はidの前に必ず『#』をつけることです。

そうしなければ、移動してくれません。

こんな感じでもくじを移動元、見出しを移動先に

すればスムーズで読みやすい記事になります。

ページ内移動を効率化させる方法

ここからは、面倒なHTML記述不要

簡単にページ内移動を可能にする方法をお話します。

移動元の指定は実は簡単にできる

先ほど移動元に指定する場合のHTMLを

お伝えしましたが

実はワードプレスの場合、もっと簡単に

移動元を指定することができます。

簡単な移動元

↑ここを移動元に指定してみます。

その方法がこちらです。

①移動元にする文章を範囲選択

②編集画面の『リンクの挿入/編集』をクリック

次のこの画面で

リンクにURLではなく

#』と『移動先に指定したいid』を入力する。

これでオッケーです。

これで青文字になっている『簡単な移動元』を

クリックするとトップにジャンプします。

※戻ってくるときは冒頭の『★』マークをクリックしてください。

プラグイン導入でさらに効率化

移動先の指定もプラグインを使えばHTMLの

記述なしで設定可能です。

使うプラグインは各々で用意していただければ

思いますがとにかく『アンカーリンク』の

機能があるものがあればオッケーです。

当ブログでは

何かと便利な『TinyMCE Advanced 』という

プラグインを活用しています。

プラグインをインストール後

有効化していただくとダッシュボードの設定画面

に『TinyMCE Advanced』が追加されます。

ここから設定画面に入り、アンカーを使用できるようにします。

これで準備は完了です。

後は、アンカーの設定をしてみましょう。

①移動先を範囲選択して

②アンカーをクリックします

次にこの画面でidを決めます。

(例では、topとしました)

後は移動元をリンク設定で行えばオッケーです。

試しにここから移動できるようにしてみました。

※戻ってくるときは冒頭の『△』マークをクリックしてください。

以上で、もくじとページ内移動の設定については

終了です。 お疲れ様でした。

最後に

HTMLを使ったページ内移動についての解説と

プラグインでの簡単な設定方法をお話させて

いただきました。

「はじめから簡単なやり方教えてよ」

と思われたかもですがそれには理由があります。

プラグインを増やしすぎるとワードプレスに

”不具合が起きる可能性が上がる&原因特定が面倒”

というのがあります。

僕自身、過去にプラグインに頼りすぎて不具合を

起こし画面が真っ白になったとき半日ほど

パソコンとにらめっこしていたときもあります。

そうなると当然、テンションも下がりまくり

精神的に病むわけですね。

なので、出来る限りプラグインに頼らない

スタイルを推奨してHTMLのやり方から説明しました。

知っていて損はないので是非活用してみてください。

 

お役に立ったらシェアボタンをポチっとお願いします

Click to follow