売れるセールスライティング『PASONAの法則』を2分で分かるように簡単に解説してみた

こんにちは、康介です。

今回は、セールスライティングに関するお話です。

このスキルは「アフィリエイトで稼ぎたい」と

思った場合に必要になります。

実際、このスキルを身につけておけば何万円も

するような商品でも文章の書き方だけで成約することができます。

(ザックリですがこれくらいの金額のものも売れます。

こういうの見せても胡散臭いと思いますが事実です。)

ただ、セールスライティングというと

「ブレッド」だの「PREP」だのと

何かと言えば横文字だらけで、学ぶ気が起きないのも事実かと

思います。

そこで今回は

セールスライティングの書き方の型の一つである

『PASONAの法則』を分かりやすく2分で

理解できるようにしてみました

これだけでも、とりあえず

セールスライティングが出来るようになりますので

ブログアフィリエイトの成約率を上げたい方は参考に

してみてください。

PASONAの法則を分かりやすく会話で表してみた

なんか最近元気なさそうだね?

実は、借金があって悩んでてさ・・

マジで? それは辛いな・・・
俺も学生の頃、借金で貧乏だったから分かるよ。

そうなんだよ!マジで何とかなんねーかな・・・

実はさ、俺が借金で悩んでたときに”ある方法”で解決したんだよ。
そこで、返さなくていい借金がたくさんあることが分かったんだ。

マジで?なんだよそれ??
教えてくれよ。

アディーレ法律相談事務所ってのがあるんだよ。
しかも無料で相談できるんだぜ。

アディーレ法律相談事務所かぁ。一度相談してみようかな・・・

最近申し込みが増えてるらしくて早くしないと
かなり後回しになるかも知れないぞ。

えっ、そうなのか?
それはすぐ行かないとヤバいかな。

絶対行った方がいいよ。

とこういう感じですね。

PASONAの法則をシンプルにするとたったこれだけです。

PASONAには買いたくなる顧客心理の流れがある

この会話の流れが人が物やサービスを買うという行動を

起こしやすい心理の流れであると言われています。

具体的に何が、どういう役割なのかと言いますと

PASONAの法則は頭文字のイニシャルを取って

このようなもの意味があります。

  1. Problem(問題)
  2. Affinity(親近感)
  3. Solution(解決策)
  4. Offer(提案)
  5. Narrowing down(絞り込み)
  6. Action(行動)

この流れに沿って顧客心理は動くというわけですね。

では、これを踏まれてもう一度会話をみますとこうなります。

Problem(問題)

なんか最近元気なさそうだね?

実は、借金があって悩んでてさ・・

ここで、悩みをあぶり出します。(問題提起)

例:

「あなたはダイエットをしてもリバウンドに悩んでませんか?」

「最近、眼精疲労で肩こりまでなってませんか?」

Affinity(親近感)

マジで? それは辛いな・・・
俺も学生の頃、借金で貧乏だったから分かるよ。

そうなんだよ!マジで何とかなんねーかな・・・

例:

「私も無理なダイエットばかりして何度も体重が増えてしまってます・・・」

「パソコンを毎日触るので、目から肩どころか腰まで辛くなってきて・・・」

Solution(解決策)

実はさ、俺が借金で悩んでたときに”ある方法”で解決したんだよ。
そこで、返さなくていい借金がたくさんあることが分かったんだ。

マジで?なんだよそれ??
教えてくれよ。

親近感が沸いて、話を聞く体制になったところで解決策を打ち出します。

例:

「でも、最近毎日続けられるダイエットアプリを見つけたんだ。」

「目の疲れが和らぐサプリを見つけて楽になったよ。」

Offer(提案)

アディーレ法律相談事務所ってのがあるんだよ。
しかも無料で相談できるんだぜ。

アディーレ法律相談事務所かぁ。一度相談してみようかな・・・

具体的な提案をします。

商品なら商品価格など、無料お試しならそう伝えます。

例:

「NOOMってアプリなんだけどね。基本無料だよ。」

「えんきんってサプリがあるんだよ。お試しサンプルもあってお得だよ。」

Narrowing down(絞り込み)

最近申し込みが増えてるらしくて早くしないと
かなり後回しになるかも知れないぞ。

えっ、そうなのか?
それはすぐ行かないとヤバいかな。

絞り込みでは『限定性』や『緊急性』を伝えます。

言葉を選ばず言えば”煽り”の段階です。

例:

「いまだけ2週間無料で有料のコースが受けられるよ。」

「今月だけセール価格らしいから買うなら今がお得だよ。」

Action(行動)

絶対行った方がいいよ。

人は買ってしまうまでは迷う生き物です。なので最後に背中を押す必要があります。

※友人とのショッピングで言えば「買っちゃえよ」に当たるところですね。

(買ってしまったらあとは理屈で自己正当化をするという特性を持っています)

例:

「私もやってるからさ、一緒に始めようよ!」

「絶対仕事とかも楽になるって、買って損はないよ。」

とこういう感じですね。

PASONAの概要をマネればブログにも応用できる

実は、このブログの冒頭部分もPASONAの法則を使って書いています。

見返してもらうと、

  1. Problem(問題)
  2. Affinity(親近感)
  3. Solution(解決策)
  4. Offer(提案)
  5. Narrowing down(絞り込み)
  6. Action(行動)

この順番になっているかと思います。

なので1の問題の段階で共感してくれた人は

恐らくここまで読んでくれているかと思います。

ですので、ブログに活用するなら問題提起の段階で属性を

はっきりさせて、

誰にどんなメリットのある記事を書いているのか?

がハッキリしているとアフィリエイト成約率も上がるかと思います。

また、今回のようにややこしい情報は

”まずざっくりと理解”

”概要を知ったのちより専門的に学ぶ”

というのがいいかと思います。

もしライティングに興味が湧いたならこの辺りの書籍から

学ぶといいかと思います。

【セールスライティングの概要を学ぶなら】

セールスライティング初心者へのおすすめ書籍『ウェブセールスライティング習得ハンドブック』
商品を売るための技術『セールスライティング』について おすすめの書籍を紹介したいと思います。 セールスライティングについ...

【実用的なライティングスキルを学ぶなら】

オススメ書籍:稼ぐためのコピーライティングがコレ1冊で学べる
ライティングにオススメの書籍を紹介します。 人がつい買ってしまう心理とは何なのかを学ぶこと ができます。 ...