せどり、転売で稼げる商品リサーチと安定仕入れを予測する思考法

せどり・転売を副業として本気で稼いでいきたい

いまの稼ぎをより大きくしたい

そんな人に向けて『稼げる思考法』について

話したいと思います。

・家電量販店に勤めながら、月に5日ほどの作業

・月に20~30万円仕入れて

利益が25万前後

・年収(完全な利益)にして300万円

僕自身、せどりをやっていて安定して売れる商品

を見つけてきた思考方法です。

月10万を超えない人には役に立つはずですので

ぜひ聞いてみてください。

根本的な思考の話

まずは、マインドという一番うさんくさい上に

つまらない話を先にしておこうと思います。

「自分でアイデアを出して稼ぐ」

ココが重要です。

誰かの「コレ売れるよ」という情報を探し回って

いても常に後手になりますので大きな利益は

取れません。

では、自分でアイデアを閃くにはどうするかと

言いますと『私生活とせどりを連動させる』

いうのが最強です。

・独自の仕入れ先を確保しやすくなる

・新しく売れる商品が見つかる

こういった効果が見込めます。

実例を交えてお話ししていきますね。

独占で仕入れ先が見つかる思考方法

例えばなんですが2018年には

以下のノースフェイス転売が流行りました。

(メルカリと楽天どちらも2019年1月31日検索時のものです)

商品は『バルトロ』というジャケットなんですが

定価はだいたい6万円くらい、

メルカリで9万とかで平気で売れてます。

(もっと早い時期なら12万とかでした)

かなり美味しいですよね!?

ですがここで問題が一つあります。

仕入れ先が見つからない

流行りだすとみんなやり始めるので後から

知った頃には仕入れが困難になります。

例えば、ノースフェイスの場合

アパレルショップから探す人が多かったようで

在庫確認の電話が殺到していたようです。

(アパレル店員の友人が嘆いていました)

ですが、実はけっこう安定的に仕入れられる先は

存在していました。

・スポーツデポ ・アルペン 
・XEBIO など

これらのアウトドア、スポーツ系の

ショップです。

もしも

「これって転売できないかな?」

とせどりと私生活を連動させていれば、

ノースフェイス稼げる→アパレルショップにない

そういやアルペンも扱ってたよな

と独自の仕入れ先を瞬時に閃くことが可能です。

普段の買い物、チラシや雑誌、ライバルリサーチ

スマホ見てるときに出てくる広告など

せどりは情報の積み重ねです。

いまは関係なくても、タイミングで稼げる商品も

あったりしますので常にアンテナを貼っておくと

独自の仕入れ先で独占仕入れができたりもします。

先に売れるものを予測する

もう一つは、これから売れるであろう商品を

予測していく方法です。

ノースフェイスの流行があったのであれば、

「アウトドアが流行なのかも?」

とファッション情報を探ることです。

例えば、僕の場合

2018年にはスポーツミックス

2019年にはアウトドアを流行らせたいという

ファッション業界の流れがきていることを

調べ上げました。

これが合ってるかどうかは別として

【NIKE、adidas、パタゴニア、CHUMS】

など関連商品を普段からチェックしておくことで

”流行りそう”の段階ですぐに動くことができます。

※ブランドは一例です、もっとたくさん調べた方がいいです

目指すべき収益の思考

せどりで稼ぎを大きくしようと思ったときに

目指すべき方向性があります。

『一品単価を上げること』

これに尽きます。

せどりは基本的に自分で仕入れから発送まで

するので1度のやりとりが手間になります。

『薄利多売』では結構厳しい段階がきます。

対応のコストが異様に上がる

例えば、僕の場合

数千円の商品の初期不良対応に1ヶ月間も

時間を取られたことがあります。

こちらが悪いので即返金対応を提案したものの

相手がルーズな人で返事を返してくれなかったり

返金のタスクを抱えて過ごすストレスが続きました。

これものすごくコストパフォーマンスが

悪いです。

言い方は悪いですが、5万円の商品を返品対応

するのとでは時間的コストが違いすぎますよね。

個人単位のビジネスは時間効率が基本

1個売って、1,000円の利益の商品で

月に10万円稼ごうとしたら100個以上売らない

といけません。

この『梱包の手間』『売買の連絡のやり取り』

働きながら、学校に通いながら・・・

と考えたときこれは再現するのが困難というか

面倒ですよね。

この手間+売れ残りのリスクも考えたら

「どこかで働く方がいいのでは……?」

というレベルです。

だからこそ高利益の商品を販売する必要が

あります。

こういった1個で5万円の利益を出せるような

オリジナルの商品を見つけだせると強いです。

月に数個見つかればオッケー

顧客がつきやすい

お金持ちの購入者が多いので話が早い

こういったメリットもあります。

リサーチツールも大事

せどりを私生活と連動させると言いましたが

実際にベストなリサーチツールを見つけることも

重要です。

例えば先ほどのような高単価商品はこちらの

オークファン』というサイトを使って見つけていました。

また手軽なサイトなら『フリプラ』というのもあります。

それぞれ長所・短所があり個人的には

普段はフリプラで価格比較、

徹底リサーチはオークファン、

というのがおすすめです。

価格が高くなる商品とは?

ただリサーチをしていても労力がかかるので

高くなりやすい商品の特性を解説します。

限定性があるもの

供給より需要の方が多いもの

経済学でいうところの『希少性』が高い商品は

値段が高くなりやすくなります。

こういった商品をライバルより先に探すには

『自分の得意分野を持つこと』です。

身近な物や好きな物。

そこから追求していくのが近道といえます。

例:

僕の場合、家電量販店で働いていたので

『オーディオ機器、パソコン、スマホ、時計』

などに常にアンテナを貼っていました。

趣味から思考を派生させると強い

趣味は、自然と情報が集まりやすいです。

これを活用すれば希少性のある商品を見つけて

仕入れることが可能になってきます。

例えば、『アパレルが好き』という点で

アンテナを貼っていたとすれば、

経済誌などを読んでいても商品リサーチに

なってきたりします。

アパレル業界は、

『ネット通販の勢いに押されて実店舗は苦しい状態』

その対策方法として

『アパレルのブランド価値を高める方向性』に向かう

こういった情報を読むだけで終わるのではなく

ブランド価値を高める方向性・・・

『限定性を持たせる』か『供給を減らす』だろうな

『〇〇限定コラボ』とか出しそう

といった考えを膨らませることが重要です。

実際に2017年あたりから露骨にアパレルブランドが

以外な企業とコラボをしたり生産数量を減らし

たりという動きにでています。

※因みに今回話したノースフェイスは生産数を

あらかじめ前年から決めて作るので希少性が

上がりやすい商品です。

とりあえずいま稼ぎたいという場合

色々と思考方法をお話ししましたが、すぐに

効果がでるわけではないのでオススメ情報を

一つお伝えしておきます。

倒産品・在庫処分品メール

こちらは、その名の通り倒産品や在庫処分などを

仕入れることができるクローズドな商品案内の

案件をメールで送ってくれるサービスです。

登録は無料ではありませんが

利益確定の無料サンプル案件などの情報も

1,000円という破格の値段で受けれますので

おすすめです。

この金額で、人生豊かになるモノって少ないと

思いますね。

まぁ興味があれば登録してみてください。

長くなりましたが今回のお話しは以上です。

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

お役に立ったらシェアボタンをポチっとお願いします

Click to follow