今日からできるSEO文章構造、文章力以前に知っておくべきこと

ブログのアクセスアップのために

SEOは大事って聞くけど何をすればいいの?

こういった悩みを解決するために

今日からすぐにでもできるSEOの

対策を紹介したいと思います。

この対策で、Googleから

良質なサイトと認識されやすく

なりますので取り入れてみて下さい。

SEOに効く文章構造とは?

今回お話する文章構造ですが、

上の図のようにこういう文章の流れ

で書くといいですよ

という話ではありません。

ブログを運営するにおいては

・読者向けの文章構造

・Googleなどの検索エンジン向けの文章構造

この2つがあり、

今回は検索エンジンに

正しく伝わる文章構造の書き方

というものをお話します。

ややこしく感じるかも知れませんが

やることは簡単なのでご安心下さい

文章構造を正しくしていないと

どんなに良い文章を書いていても

検索エンジンに評価されない可能性

がありますので要チェックですよ。

正しい文章構造を書く前の基礎知識

まずは、

今回の話をスムーズに進めるために

少し専門的な話をしておきます。

検索エンジン向けの伝達用語

普段ブログを書いているときに

「あっここ強調したいな」

「ここ重要なんだよな」

といった時に、以下のようなことを

していると思います。

こういった強調は検索エンジンには

このように伝わっています。

これをHTMLと言います。

このHTMLの使い道によっては

結局、どこが重要なの?

と検索エンジンを混乱させてしまう

ことにもなってしまうんです。

そこで知っておくべき単語を

もう一つお話しします。

文章構造のポイントはhタグ

hタグというのは簡単にいうと

もくじとなる見出しに使う部分です

ここで大事なのは

hタグは検索エンジンに重要性を

伝える効果があるということです。

ワードプレスの編集画面でいうと、

この段落と言うやつです。

『見出し1』から『見出し6』まで

ありますが

1から順に重要度が高くなります。

つまりこのhタグを一切使わずに

見出しの部分を文字サイズを大きく

するなどで区切っただけの場合

読者には区切りが分かっても

検索エンジンには分からない。

という事態がおきます。

なので、これから

このhタグの概念を取り入れて

検索エンジンが美しいと判断する

文章構造にしていきましょう。

検索エンジンの好む美しい文章構造

hタグを使って文章構造を

正しく書くには基本ルールがあります

基本ルール

原則としてh1は記事タイトル

本文内で使用するhタグは

基本h2とh3

※小見出しとして4を使ってもいい

ですがややこしければ3まででいい

と覚えておいてください。

正しいhタグの使い方

hタグの使い方をこのブログ記事で

表すと以下の様になります。

タイトルをh1として、

大きな話の区切りをh2

h2の中でさらに区切る時にh3

こういった構造でhタグを使用して

下さい。

この基本を知っておくと

自分のサイトを検索の上位に持って

これるようになってきますので

ぜひ今日から活用してみてください

またが、このhタグに上位表示を

させたいキーワードを散りばめる

SEO対策もあります。

詳しくは

以下の記事を読んでみて下さい。

アクセス数を増やしたいなら キーワードで検索順位を上げましょう ブログを運営しているとこんな話を 耳にすること...