内部リンクとは?貼り方を解説:内部SEO対策でPVアップに効果あり

締め切りに焦る男性 ブログのアクセスを増やすには記事を増やさないと・・・

このように思っていませんか?

そんな悩みを解決できるSEO内部対策の方法の1つ『内部リンク』について解説します。

もし内部リンクを貼ったことがなければ、内部リンクを貼るだけで冗談抜きでアクセス倍増も見込めますよ。

内部リンクとは?

内部リンクのイメージ

内部リンクとは、同じブログ内の記事(仮にA)から別の記事(仮にB)へと移動させるためのリンクを貼ることです。

別のサイトにリンクを貼ることは外部リンクになります。

内部リンクの種類

内部リンクには以下のような種類もあります。

内部リンクの種類解説例

グローバルナビゲーション
パンくずリスト
サイドメニュー

今回解説するのはブログ記事内に貼る内部リンクです。

内部リンクを貼る効果

内部リンクを貼ることで『間接的なSEO効果』と『直接アクセスを増やす効果』が得られます。

間接的なSEO効果

内部リンクの間接的なSEO効果は主に2つです。

クローラーに認知されやすくなる

ブログの滞在時間が長くなる

この効果の結果として、サイトの評価が上がりSEO効果がでます。

クローラーからサイト認知速度のアップ

Googleなどの検索結果に表示されるには検索エンジンのクローラーに自分の記事が認知されないといけません。

内部リンクには、この認知スピードを早めてくれる効果があります。

内部リンクなしのクロールイメージ 【内部リンクがない場合】

検索エンジンのクローラーは1記事ずつ探すので認知が遅い

内部リンクありクロールイメージ 【内部リンクがある場合】

すでに認知された過去記事から内部リンクを貼れば、そこからクローラーが発見しやすくなる

このような仕組みになっているため、サイト認知速度が早まるということです。

回遊率と滞在時間のアップ

内部リンクを貼ることで別の記事を読んでもらうことに繋がります。

(これを回遊といいます)

回遊率が高まれば直接アクセスアップにも繋がりますし滞在時間もアップします。

その結果、Googleにたくさん読まれるブログとして全体的な評価アップにもつながっていきます。

内部リンクの貼り方

内部リンクの貼り方自体は簡単です。

内部リンク貼り方の手順

このように内部リンクを貼りたい対象を選び『内部リンクアイコン』をクリックします。

ここから内部リンクを貼る方法は2つあります。

内部リンクの貼り方 ⑴

内部リンクの貼る場所

内部リンクアイコン』をクリックして出てきたカーソル内にリンクを貼りたいURLを入力して矢印のアイコンをクリックします。

こちらの手順は外部リンクを貼る時の方が最適かも知れません。

内部リンクの貼り方 ⑵

内部リンクアイコン』→『』の順にクリックして詳しく内部リンク設定をして貼ることが可能です。

内部リンク細かく設定して貼る方法

内部リンクを貼りたいURLを入力 でも設定可能
内部リンクを貼る文章を編集可能
チェックを入れると今のページを開いたまま、内部リンク先のページを開くようになります
内部リンクを貼りたい記事を検索で探すことができます

設定や入力が完了したら『リンク追加』をクリックすればオッケーです。

内部リンク完了チェック

このように色が変わっていれば成功です

うまく活用してSEO内部対策を強化していきましょう。

ワードプレスの画面で解説しましたが他のブログサービスでも『』このマークは共通のはずです

最適な内部リンクの貼り方について

内部リンクの効果をより高める適切な貼り方やGoogleからペナルティーを受けてしまうような内部リンクの貼り方もあります。

熟知しておけばライバルが強いキーワードでも検索上位に入れたり、収益を効率化できたりしますので「内部リンクの最適化でクリック率アップ!! 効果的な貼り方を解説」もご覧ください。

内部リンクなしでブログを運営しているよりも驚異的にサイト評価が上がりますよ。