ブログのドメインパワーを1ヶ月でブチ上げる裏ワザ『ソーシャルサイトシェア』

google

SEOって無理ゲー感あるな・・

Twitter頑張ろ!

こんな感じでSNSを使ってブログのアクセスを

増やす方法が主流となっています。

それは間違ってないんですが、どうせなら

ついでに上位表示も狙ってオーガニックサーチ

を増やしましょうよ、という話をします。

具体的には

・ドメインパワーがアップする

 ※具体例あり

・被リンクを受ける機会が増える

こういったメリットがありますのでよければ

読んでいってください。

[被リンク(外部リンク)についてはこちらをご覧ください]

SEOに効果的な外部リンクとは?被リンクを集めるためにできる対策方法
SEO対策として最も目に見えて効果があると言われる外部リンクについて解説します。 CHECK どのように効果があるのか?どうすれ...

ソーシャルサイトをどんどん活かすべき

拡散というとSNSのイメージが強いですが意外と

知られていないのがソーシャルサイトの存在です。

これは何かと言いますと、掲示板サイトやまとめ

サイトのようなところに自分からブログの紹介を

することができるサイトになります。

代表的なソーシャルニュースサイト

個人が無差別に投稿できるソーシャルサイトは

大抵荒れてしまい廃れていくのですが・・・

現在、僕が生き残りを確認できているサイトでは

このあたりが有名どころです。

これらのソーシャルサイトを使うメリットは

アクセスを増やすだけではないので、その点を

解説していきます。

ソーシャルサイトを使うメリット

メリットは3つあります。

2つはSNSでもよく言われる、

『アクセスの増加』『拡散される可能性』です。

そして、ソーシャルサイト独自のメリットとして

ソーシャルサイトの持つドメインパワーを

頂いて自分のサイトのドメインパワーを引き上げる

これがかなり美味しいです。

(これをリンクジュースと言います)

リンクジュース効果で一気にレベルアップ

具体的な例を挙げます。

このデータはパワーランクチェックツールという

サイトで測った当ブログのドメインパワーです。

2019年10月〜11月までの1ヶ月で3.9アップと

驚異的な伸び率を叩き出しました。

(ブログ開始後すぐにやめたので1年1ヶ月ほど、ほぼ放置していました)

因みに僕と似たような時期に開始されている

ブログで言うとこんな感じでした。

(悪趣味なことをしてすいません)

ソーシャルサイトなどからドメインパワーを

もらっておくとこのような差が出ます。

ドメインパワーが強いとどうなる?

もし、同じような内容の記事を書いたとしても

ドメインパワーが強い方が上位表示されやすく

なったりします。

上げておくと何かと有利です。

SNSには『no follow属性』がついている

このような効果が、SNSだとなぜないのか?

と言いますと『no follow属性』というSNSから

リンクを踏んでもパワーも評価も渡さないという

指定がされているからです。

とはいうものの・・・

実は、2019年の9月にGoogleはこっそりと

no follow属性の扱いの変更』を発表してました。

内容を要約すると評価のヒントにはするという

感じです。

なので、バズっているツイートや投稿などの

リンクについては評価される可能性があります。

ソーシャルサイトの使い方


ソーシャルサイトの使い方については、上の動画

で楽天ソーシャルニュースを例に解説しています。

Redditについては別の記事で解説をしています。

日本人が意外と知らないブログアクセスアップ方法『reddit活用術』
ブログのPVを増やしたり バズる確率を上げたいな このようにブログのアクセスを少しでも伸...

どちらを使うにも基本的な流れは、

この2つだけです。

①サイトの会員になる

②サイトに自分の記事をシェアする

慣れれば2〜3分で済む作業なのでやる価値アリ

かと思います。

まとめ

自分のブログのパワーを底上げしてSEO効果を

出すソーシャルサイトの活用についてお話を

させてもらいました。

ドメインパワーを上げておけば

「SEOも意識してたくさん記事を書いてるけど

なかなか検索順位が上がらない・・・」

というときに有利になりますし、

SNSで実績としても謳うことも可能なので

こっそり底上げしておくといいですよ。

[その他SEO対策についてはこちらをチェック]

SEOチェックリストで検索順位を上げよう【強豪サイトに勝つための対策】
「SEOって何すればいいかよくわからない」 そんな悩みを解消するキーワード検索順位上げるための『SEO』のチェックリスト項目に...