アドセンスから警告!?『ads.txt 問題』の簡単な対処方法

きょうアドセンス成果出てるかなーって見てみたら、こんな画面出てきたんだけど何なの!?

わたしなんか悪いことした?

突然、現れた『ads.txtファイルの問題を修正してください。』というGoogleからのメッセージ。

赤枠で表示されてるし、ちょっと焦りますよね。

これは一体何なのか?どう対処すればいいのか?

について分かりやすく解説をしていきます。

関連記事

アドセンスがクリックされない原因と考えるべき対処

関連記事 アフィリエイトの種類をチェック!初心者におすすめの手法とは?

ads.txt(アズテキスト)ファイルとは?

そもそも、ads.txtとは何なのかと言いますと”広告を貼る権利の証明書”のようなものになります。

設定をしておくことで、第3者が勝手に自分のサイトに広告を貼るなどの不正を防ぐことができます。

そのため『収益に重大な影響が出ないよう〜』とGoogleはメッセージをくれているわけです。

いわゆるアドセンス狩り対策になります。

〜アドセンス狩りとは〜

・広告をわざとクリックしまくる→アカウント停止

・第3者が広告禁止ジャンルのサイトに自分のアカウントのアドセンス広告を貼る→アカウント凍結

対処をした方がいいのか?

結論を言いますと、相当なPV数のあるブログでなければ放置していても問題ありません。

理由は、Googleでは現在はアドセンス審査に受かったサイト以外に広告を貼っても空白になり表示されないようになっているからです。

でも、画面確認する度に「修正しろ」って赤く表示されてるの何かヤダ

こんな気分になっているかも知れませんので対処方法も解説していきます。

ads.txtの設定方法

ads.txtの設定の流れ自体は非常に簡単です。

ads.txtファイルを作る→設置する

これだけなので、表示がウザいという場合はサクッと対処しておきましょう。

ads.txtファイルの作成方法

作成方法は以下の通り2つの手順があります。

お好きな方で作成してください。

ads.txtファイル作成方法⑴←簡単

Googleアドセンス管理画面から作成する方法です。

警告メッセージから『今すぐ修正』をクリックします。

『ダウンロード』をクリックします。

「ads.txt」という名前のファイルがダウンロードされていればオッケーです。

ads.txtファイル作成方法⑵

自分でads.txtファイルを作成する方法で、メモツールなどを使って以下の記載をします。

『google.com , pub-あなたのアカウントID , DIRECT , f08c47fec0942fa0』

※0とoを間違えないよう注意です

自分のアカウントIDの調べ方はこちらです。

Googleアドセンスの管理画面から『アカウント』→『アカウント情報』の順にクリック

アカウント情報が表示されますので『サイト運営社ID』のところ「pub-数字」をコピペします。

出来上がったら、メモを『ads.txt』と名前をつけて保存すればオッケーです。

因みに、ads.txtが示す文字の意味は以下の通りです。

Googleから広告を貼ることを許可してますって意味です
自分のIDはコレと示すことになります
『Direct』直接Googleから報酬もらってますという意味、代理店(ASPなど)を通す場合は『RESELLER』になります
TAG認証ナンバー、Googleは『f08c47fec0942fa0』が割り当てられています

これを知ったからといってアドセンス収益には何の影響もありません

「いらんことして何か起こったらどうしよう」

というパソコン苦手意識が薄れてネット関連に対するチャレンジ精神を養うことができます。

ads.txtファイルの設置方法

ファイルを作成したらルートドメインへ設置します。

「なにそれ?」という場合は以下の手順で行ってみてください。

サーバーにアップロードする

この手順は利用しているブログサービスによって変わりますが、ここではエックスサーバーを例に解説していきます。

※ブログサービス自体がアップロードに対応してない場合もあります

⑴、エックスサーバーのファイルマネージャーにログインする

⑵、実際にアドセンス広告を貼っているドメインのファイルを開く

⑶、『public html』のファイルをクリック

⑷、作成したads.txtをアップロードする

ここまできたら、もう少しです。

『ファイルを選択』で作成した「ads.txt」を選択
選んだら『アップロード』をクリック

このように『public html』ファイルにちゃんとアップロードされていれば完了です。

設置をしてもアドセンス管理画面で警告が消えないことがありますが、adas.txtの反映まで長いと1週間くらいかかるらしいので気長に待ってみてください

ads.txtがちゃんとアップされているか不安な場合

ads.txtチェックツール』というのがありますので、こちらで確認をしてください。

こちらに確認したいサイトのURLを入力して『◯』判定ならオッケーです。

(これならオッケー)

【POINT】

・”utf-8で作成してください”といった警告が出るかもですが無視して大丈夫です

まとめ

ads.txtについての解説と対処方法については以上になります。

現状、必須で設置しなくてもいいですが表示がわずらわしい場合はやっておくといいかと思います。