メルカリで出品したが「いつまでも売れない・・」そんな売れ残りを売る方法

こんにちは、康介です。

メルカリのCMでこんな謳い文句があったのを覚えていますか。

メルカリは、出品した半数以上のモノが

24時間以内に売れています

ところが、実際に出品しても

半数どころか7割以上の商品が売れ残っている

そんな状態に陥ってはいませんか?

今回は、このようにフリマアプリに出品した商品が

売れ残ってしまう場合に売れやすくするための方法を

お話ししたいと思います。

「部屋を片付けるついでに

お小遣い稼ぎをしたかったのに売れない・・」

「売れると思って仕入れたのに、

ずっと手元に残っていて焦っている」

とお悩みなら読んでみてください。

数時間内に売れるようにする方法

メルカリでは、

『売れない商品は、どんどん売れなくなるようになっています』

メルカリに出品した商品は、こんな感じで表示されるのですが

時間の経過とともに他の人も出品するので

自分の商品はどんどん下に押されていきます。

なので画面左上に表示された商品が

半日後には、3ページ分くらい下に表示される。

ということが度々起こります。

そのせいで、売れない商品はどんどん売れなくなります

その理由は、

購入する側の立場になると分かるのですが、

”よほどの人気商品”でない限りページの奥の方まで

探す人は少ないからです。

これでは、

いつになったら売れるのか不安になりますよね。

そこで、メルカリの性質を使って

下に埋もれてしまった自分の出品商品を

もう一度、1番上に持っていく方法を使います。

知っているか人には定番な方法ですが、

それは

『商品の情報更新をすること』

です。

手順としては、以下の感じですね。

①メルカリトップページから

画面右下の『マイページ』をタップ

※スマホでの画面です

②『出品した商品』をタップすると

現在出品している商品一覧がでます。

そこで、商品情報を更新したい商品をタップしてください。

③商品が出てきますので画面右下の

商品の編集をタップ

④商品の情報を一文字でも追加・削除

値段の変更、発送予定日数の変更など

各種情報を少しでも変更すると更新することができます。

なにかしら変更を加えたら、

最後に『変更する』をタップします。

これだけで、商品をふたたび

検索の一番上に持ってこれます。

過去は商品の再出品をしないとダメだったようですが、

今はこの方法でいけます。  (実際に確認済み。)

「これだけなら、既にやってるよ。」

と思われるかも知れませんので、

ここから、重要な事をお話しします。

更新後に、即売れするための方法

自分が出品する商品を買いそうな人の

『生活リズムを予想すること』です。

どういうことかと言いますと、

例えば、化粧品を出品するとします。

そうすると、

購入する可能性があるのは女性だよな!?

という予想から

『女性がメルカリを見そうな時間帯を狙って

商品情報の更新をする』

ということです。

そうすることで、タイミングがぴったり合えば

自分の出品商品をすぐに見てもらえやすくなります。

メルカリで「イイね」通知が煩わしくてもオフらない方がいい理由
こんにちは、康介です。 今回は、メルカリなどのフリマアプリを活用していると 鳴ることがある『イイね通知』について役立つお...

ただ、購入するであろう人の情報が

『女性』という予想だけでは

細かな予想が立てられないと思います。

そこで、商品の特性などから

『年齢層』

『職業』

なども含めて明確に予想していくと

より売れやすくなります。

誰が買うのかハッキリしていれば売れやすくなる

例えば、肌荒れに効く化粧水を

出品しているとします。

肌荒れを気にするのは女性。→

肌荒れしやすいのは、ストレスが溜まりやすい環境にいる人→

看護師さんとかは、ストレスが溜まりやすいと聞いたことがある→

といった具合に購入しそうな人を具体的に予測していきます。

そうすると、どの時間帯に出すと効果的なのか

もっと予想しやすくなりますよね。

看護師さんの場合だと、

夜勤明けの時間を狙って更新(出品)すれば、

言い方は悪いですが

『判断力が鈍ってて買いやすいかも!?』

といった事も考えられるわけです。

帰って即寝してる可能性もありますが(笑)

こうして、とにかく購入するであろう対象者の

予測を立てて、売れない商品の情報更新の時間を

調整してみてください。

「そんな暇はない、面倒くさい」

という場合は、だいたい夜の10時くらいに出品や更新を

すると閲覧が増えやすいです。

ウォッチ数が増えやすいですし、

売れなくても『イイね』がつきやすくなります。

そうなれば、「この商品、人気があるのかな?」

となって売れやすくなっていきます。

ぜひ、一度お試しください。

注意

商品情報の更新はあまりにも頻繁にやっていると

ペナルティーで商品が一番上にこないことがあるようです

2〜3日に一回などに抑えるのがベストかも知れません

最終手段、まとめ売り

ここまで、マメに考えて更新を繰り返しても

売れないモノはいつまでも売れなかったりします。

そこで、

値段をギリギリまで下げ切っても売れない

そんな時の最終手段をお話しします。

メルカリ出品の最低価格300円にしても、売れない

もう捨てるしかないかな

と諦める前に、この方法も試してみて下さい。

その方法とは、『まとめ売り』です。

本格的にやっている人たちは『セット売り』と読んでいますね。

コツとしては、売れない商品と関連する商品を

セットにして出品するということです。

例えば、わかりやすいのは衣類(服)関連ですね。

Tシャツが一枚で売れないなら

『3枚セットにする』

といった手法を取るだけでも売れやすくなります。

これは、要するにお得感の演出ということになります。

ですので、利益を取ろうとするのではなく

売りさばくための手法となります。

出品した商品が売れないときの最終手段や

元から、捨てるくらいならいくらかのお金にしたい

という場合に活用してみるといいですよ。

amazonから無料で商品を仕入れる方法はこちら