マジでブログって稼げるのか?

ブログ関連の話
これだけで年収1億円【The Mail Magazine】

 

 

ブログで稼げるって聞いたから、始めたのに

全く稼げないんだけど・・・

ネットビジネスで稼ぐために、ブログを始めたものの

こんな風に思う人も多いと思います。

 

その理由って、こんな感じではないでしょうか?

 

ブログを作り、PPCや

サイトアフィリエイトで稼げるよ。

という言葉に期待してブログを開設したものの

1日のアクセスが2〜3
なんて状態…

 

そこでアクセス数のアップさせるため、色々調べてみるも

・記事数は100は必要、最低1,000〜1,500文字以上の記事を書く
・Google等の検索サイトの信頼を得るのに最低半年かかる。
(半年は我慢して書き続けましょう)

 

といった本当かどうか分からない根気作業を強いられる現実に

辿りつくはずです。
(しかもサイトによって、話していることが違ったりします。)

 

これは、特にネットビジネスを始めて0から1(収入)

作れていない場合によく起こることで、

 

「ネットで稼げるとか嘘だろ」

と思ってしまい、ブログ運営を続けるのが困難になると思います。

 

では、この不安を解消するにはどうすれば良いのか?

 

それは、ブログがどういう方向に向かっていれば結果が出るか?

どれくらいのアクセスがあれば、収益が出始めるか?

 

それを知っておくことです。

 

『ブログで稼ぐには”見込み客を捉え”

”属性に合った情報を提供する”ことが重要です。』

 

それを前提としていれば、

『月に最低5,000くらいアクセスがあれば

収入は十分に見込めます。』

 

では、今回はその最低アクセス数を目指す方法を

お話したいと思います。

 

『ニッチキーワードでアクセスを増やす方法』

 

コレからお話しすることは、サイトアフィリエイト向きのやり方です。

 

そしてトレンドアフィリで、短期間だけのアクセスを狙うのではなく

長期スパンでアクセスを安定させるロングテールの戦略となります。

 

そして、この方法は

『3ヶ月ほどで、効果を実感できます』

(もし、現時点で検索エンジンからの流入がなければ

1ヶ月でもその効果を実感するかも知れません。)

 

現時点で、

ブログ運用しはじめたけど稼げるイメージが全く湧かない人

ブログを始めばかりで、何をどうしていいか分からない人

 

は参考にして下さい。

 

目次、

 

1. まず、どんなジャンルでブログをやっていくべきか?

 

ブログで、アフィリエイトをしようとなった時に

重要になってくるのが、『何のジャンルで稼ぐか?』

ということになってきます。

 

ここは、本当に重要で

「何となく、ペヤング好きだからペヤングでいいか!」

などという基準で決めてはいけません。

 

どういう基準というと、その要点は以下になります。

 

・悩みや欲望の根が深いジャンルを選ぶ

・自分が興味を持てそうなジャンルを選ぶ

・どれくらい稼ぎたいかゴールを決めてから選ぶ

『悩みや欲望の根が深い』

これは、対象者が

何があってもこの悩みを解消したい

この欲望を満たしたい

と願う気持ちが強いという事です。

 

この気持ちが強ければ強いほど、

読む・リンクを踏む・購入する、という

“行動を起こしてくれやすい”

という事なります。

 

一例として、あげますと私は美容系のジャンルの

アフィリエイトもしています。

 

”女性のキレイでありたい。より美しくなりたい。”

という欲望は、尽きないからです。

 

『自分が興味を持てる』

次に、美容は私が興味を持てるジャンルでもあります。

私の場合は、女性に受けるネタとして美容について話すこともあるので、

一石二鳥だからです。

 

ここで、めちゃくちゃ詳しいと尊敬されたりするので、

「アフィリエイトで稼げて、ついでにモテるとか最高のジャンルかよ」

と思っていました(笑)

 

このように、”楽しい””嬉しい”という感情はブログを発展させ、

継続していくことができる大切な要素なのです。

 

ある意味、これは一番重要な要素かも知れません。

 

『どれくらい稼ぎたいか?』

ここも重要です。 この記事を読んでいる人が

まさか趣味で、ブログを始めた訳ではないと思います。

 

あわよくば、何百万円とか稼げたりするかも…なんて

希望を持たれて始めたはずですよね!?

 

それならば、漠然としたブログ運営ではなく

しっかりと稼ぐ額を計算しておいた方がいいです。

 

とはいえ、そんなに難しいことではありません。

 

例えば、月に5万円。

これを何とかクリアしたいと思ったなら、

 

・500円の報酬がもらえるものを100個売れる様にする

・5,000円の報酬がもらえるものを10個売れる様にする

こういう設定をすることで

「よし、じゃあ500円を100個売るぞ」

と考えたときに、“何をどう売っていくか?”という

戦略が立てられますよね!?

 

以上の、

『悩み欲望の根が深い』
『自分が興味を持てる』
『どれくらい稼ぐか?』

の3点が決まれば行動がハッキリするのです。

 

私の例で言えば、

美容系で1個の商品が成約すれば500円のモノをASPから探す

というところまで決まるわけです。

 

では、ここからが本題です。

どうやって、自分のブログにアクセスを増やしていけばいいのか?

について解説していきます。

2. SEO対策とは?

SEOとは、ブログのアクセス数を増やす上で欠かせないものとなります。

 

そもそも、アクセスというのは誰かがあなたのサイトを

検索してくれる事で発生するものです。

(SNSから誘導など例外もありますが)

 

そして、SEOとは検索エンジンである”google”や”yahoo!”などの

検索サイトに上位表示される様にしていく事です。

 

この重要性がどれほどの物かは、あなたが何かを検索するときを

想定してもらえれば分かると思います。

 

例えば、「ランチ」とお昼ご飯を調べた時に

その検索結果を2ページ目以降まで見る事って早々ないと思います。

 

つまり、最低でも1ページ目に自分のブログが表示される様に、

工夫をしていく必要になってきます。

 

その為に意識していく事として、SEOの意味をまず知っておいて欲しいのです。

 

SEOとは、
『Search Engine Optimization』
の略で、検索エンジンの最適化という意味です。

 

コレは、 google や yahoo! の検索エンジンに私のブログは

非常に有益なものですよ。

 

と認識してもらうことです。

 

そして現在、ユーザーが検索する方法は

google検索エンジンが50%以上のシェアを占めていて

もはや、googleさんに逆らってアクセスを集めるなど”不可”と

言っていい状況になっています。

 

その、googleの理念として

「Googleが掲げる10の事実」

というものを公開していますので、必ず目を通しておいてください。

 

 

…読まれましたか?

この理念は、要するにユーザーファーストで閲覧者の満足度を

何よりも重視しています。

 

ブログ記事を書くさいに迷ったら、この理念を考慮して書くことを

オススメします。

 

そんな風に、良質な記事を書くことは当然ですが、

もっと具体的に、SEO対策でやれることはたくさんあります。

 

それが今回、お話しする

『ロングテールで、稼ぎ続けられるブログを目指し、

ニッチなキーワードでアクセスを稼いでいく方法』

になります。

 

 

3. ニッチキーワードでアクセスを増やしていく

もし、あなたがキーワード検索ボリュームという言葉をご存知なければ、

前提知識として必要ですので、この記事を読んでおいて下さい。

 

この記事では、アクセスアップの基本を説明させていただいてます。

 

ニッチキーワードでアクセスを稼ぐというのは、

”検索の穴を探す”

という手段でアクセスを集める方法です。

 

アクセス数を上げようと考えたとき、タイトルの検索ボリュームを

調べると思うのですが

 

この検索ボリュームは、多い方がいいのはご存知かと思います。

 

ですが、多くの場合検索ボリュームが厚いキーワードでは、

ライバルが既に多く存在していて、後から参入すると苦戦を強いられます

 

具体的にどんな苦戦かと言いますと

・検索ボリュームは多いが自分のブログがトップに表示されない。

 

その結果、

自分のブログが読まれない=アクセスアップにつながらない

というパターンですね。

 

これらの問題をかいくぐり、自分のブログがまだ育っていない状態でも

アクセスをかき集めてくるポイントが”ニッチキーワード”なのです。

 

その具体的な方法は、

『サジェストキーワードから探る。』

という方法になります。

 

サジェストキーワードは、検索ボックスにキーワードを入れた際に

出てくる予測検索の事です。

 

これですね。

赤線の部分が”サジェストキーワード”になります。

 

ブログ記事を書くときに、そのテーマとなるものを

キーワードにしてタイトルをつけると思います。

 

そのキーワードだとライバルが多すぎる場合。

このサジェストキーワードを含む検索結果でライバルの

いないところを探すのです。

 

なぜ、そんなことが可能になるかというと

そもそもサジェストキーワードは

多くの人が「そういう検索をしている」から予測に出てくる

という仕組みだからです。

 

このサジェストキーワードをより効果的に探すには、

以下のサイトを使うと便利です。

 

『関連キーワード取得ツール』

 

 

このサイトから、サジェストキーワードを含んだ検索結果を見てみる。

 

そして、検索結果の1ページ目に

・良質とは言えないブログサイト

・yahoo知恵袋などの知恵袋系

 

などの結果が上位にきているなら、そこが狙い目となります。

 

その、キーワード検索をした際のライバルが

いないという事だからです。

 

具体的には、

例えば、「メロンパン」というキーワード自体に、

とてつもない検索ボリュームがあったとします。

 

しかし、ライバルが強すぎて自分のブログが上位になれない。

としたら

「メロンパン サックリ」
というサジェストキーワードを含めてみる。

 

その複合キーワードの検索結果ならライバルがしょぼい…という場合に

 

タイトルをこんな風につけます。

「メロンパンはサックリこそ至高か?それともしっとりか!?」

 

このような感じで、サジェストキーワードを含んだタイトルをつけて、

ライバルが少ないところを狙ってアクセスを根こそぎ頂くという方法です。

 

現時点で、ブログのアクセス解析をしても

googleなど、検索エンジンからのアクセスがほとんどない状態でしたら、

 

間違いなく数ヶ月でアクセスが10倍近くまで上昇しますので試してみて下さい。

 

4. 内部リンクを貼り本当に読ませたい記事へ誘導

 

アクセスを集めていく方法は、ここまでです。

ですが、ここからが本番です。

 

サジェストキーワードを使ってブログ記事のタイトルを決める方法は、あくまでもアクセスを集めるためです。

 

ですので、必ずしも記事の内容が本当に伝えたいことではないという場合が出てくるのではないかと思います。

 

これを解消するのが、内部リンクです。

 

ブログの記事内に本当に読ませたい記事のリンクを貼るメリットは以下です。

 

・本来、検索エンジンからでは見込めなかったアクセスを

本当に読ませたい記事の閲覧に誘導できる。

・ブログ内での滞在時間が伸びやすくなるので、ユーザーに

有益なサイトという判断がされ、”SEO効果が見込める”

こういった点を考慮して、

⑴ ニッチキーワードを含む記事を2、3投稿してアクセスを集める

⑵ 本当に読ませたい記事を投稿して⑴の記事から内部リンクで読ませる

 

という流れがオススメです。

 

内部リンクを貼る際の注意点

内部リンクを貼るときは、リンク先とリンク元との内容の

 

関連性が重要です。

 

例えば、ブログの内容の記事から、急に投資のことを話している

記事に内部リンクを仕掛けても読まれないでしょう。

 

「そこにアフィリエイトリンクが貼ってあるから、

稼ぐ為に誘導したいんだよ!!」

 

と思われる気持ちはよく分かりますが無理に誘導すれば

読み手を不快にさせてしまいます。

 

これは、結果的にブログ離脱につながりアクセスがあっても

読者がつかない・・・結果として収益もでないというオチになります。

 

こういった部分もGoogleが掲げる理念を思い出して

何よりもユーザーファーストを忘れないようにしてください。

 

以上が

『ロングテールで、稼ぎ続けられるブログを目指し、

ニッチなキーワードでアクセスを稼いでいく方法』

となります。

 

 

page top

コメント