キーワードの検索ボリュームを調べる無料ツール4選【機能を徹底比較】

・キーワードのボリューム数を調べたい

・どのツールがおすすめか知りたい

このような疑問を解消するために、キーワードの検索ボリュームを調べることができる4つツールの機能を解説します。

検索ボリュームはSEO対策やアクセスアップのために普段から使うツールなのでこの記事を参考に「お気に入り」を見つけてみてください。

キーワード検索ボリュームを調べるツール

今回紹介するキーワードの検索ボリュームを調べることができるツールはこちらの4つです。

⑴ aramakijyake

⑵ Googleキーワードプランナー

⑶ Ubersuggest

⑷ キーワードウォッチャー

それでは順番にご紹介していきます。

⑴ aramakijyake

aramakijyakeのtop画像

aramakijyake公式ページ

入力したキーワードの「Google」「Yahoo」での細かい検索ボリュームを調べることができます。

メリット

・シンプルで動作も軽く使いやすい

・無料で細かい検索ボリュームが見れる

デメリット

・キーワードを1つずつしか調べられない

・英数字のキーワードは結果表示してくれないことがある

⑵ Googleキーワードプランナー

Googleキーワードプランナートップ画像

Googleキーワードプランナー公式ページ

Google公式の検索ボリュームを調べることができるツール。

検索ボリューム以外にも「関連するキーワード」も表示してくれるので、別のキーワードを見つけるのにも役立ちます。

メリット

・検索ボリューム以外のデータもまとめて見れる

・キーワード単価も分かるのでアドセンス収益の目安になる

デメリット

・広告費用を払わないと細かい検索ボリュームが見れない

※2020年1月時点では、8,000円分くらい広告を使ったら細かい検索ボリュームが見れました

⑶ Ubersuggest

ubersuggestトップページ

Ubersuggest公式ページ

検索ボリューム以外にも『関連キーワード』『キーワードの難易度』などを見ることができます。

キーワードプランナーの上位互換とも言われる人気ツールです。

メリット

・キーワード選定に必要な基本情報がすべて分かる

デメリット

・人気ツールで利用者が多いせいか処理が重く、ちゃんと使えないときがある

関連記事

Ubersuggest詳しい使い方とデータの分析方法

⑷ キーワードウォッチャー

キーワードウォッチャートップ画像

キーワードウォッチャー公式ページへ

入力したキーワードと関連するキーワードを合わせて20個まで、検索ボリュームが多い順に表示してくれます。

時期を指定して検索することも可能です。(有料プランのみ)

メリット

・関連キーワード含む20個まで詳し検索ボリュームが分かる

・有料プランの場合、時期指定で季節トレンドのキーワードを調べられる

例:クリスマス関連のキーワードは12月に指定するなど

デメリット

・登録作業が必要(無料)

・月に20回までの制限がある

関連記事 キーワードウォッチャー使い方

検索ボリュームを調べるツール機能比較

4つの無料ツールを紹介しましたが、それぞれの機能の差を比較してみるとこのようになります。

具体的な検索ボリューム

具体的な検索ボリューム数を表示してくれるかどうか?

aramakijyake GoogleとYahooの具体的なボリューム数を表示
Googleキーワードプランナー 広告を使っている場合、具体的なボリュームを表示
Ubersuggest 具体的なボリュームを表示
キーワードウォッチャー 具体的なボリュームを表示

aramakijyakeのみYahooの検索ボリュームも表示してくれます。

Googleキーワードプランナーは条件付きなところが難点ですね。

関連キーワードの検索ボリュームの表示

関連キーワードを表示&検索ボリュームも表示してくれるかどうか?

aramakijyake 入力したキーワードの検索ボリュームのみ
Googleキーワードプランナー 関連キーワードの検索ボリュームも表示
Ubersuggest 関連キーワードの検索ボリュームも表示
キーワードウォッチャー 関連キーワードの検索ボリュームも表示(20個まで)

aramakijyake以外は関連キーワードも表示してくれますので、はっきりとキーワードが決まっていない時はそれ以外のツールを使う方がいいです。

ライバル(競合)の表示

キーワードのライバル(競合)の表示をしてくれるかどうか?

aramakijyake 表示なし
Googleキーワードプランナー 競合性(参入している数の多さのみ)表示
Ubersuggest 競合性とキーワード難易度も表示
キーワードウォッチャー 表示なし(有料プランはあり)

競合性も調べるなら「Googleキーワードプランナー」か「Ubersuggest」です。

ただ、これらのツールで見れる数値は目安程度です。

より詳しく分析するならライバルサイトのページランクが見れる「MozBar」がおすすめです。

まとめ

キーワードの検索ボリュームを調べるツールを紹介させていただきました。

検索ボリュームを調べ終えたあとはライバルの徹底調査が上位表示のコツです。

あとはRankTrackerというツールにライバルを調査する機能がたくさんあるので、よければチェックしてみてください。

関連記事 RankTrackerの使い方【応用編】便利すぎる機能を徹底解説