インプレッション収益とは?広告収益の意味と見方を解説します【悲報かも】

「Googleアドセンスで見かけるインプレッション収益って何か具体的によく分からない」

こんな疑問にお答えします。

「クリックされてないけど収益が入ってるのなんで?」「データの見方」の2本立てで解説していきますね。

インプレッション収益とは?

インプレッション収益とは広告表示収益としての意味とデータとしての2つの意味があります。

前者は主に悲報になるかも知れませんが大切な意味がありますし、後者は分析のために重要な数値となります。

一つずつ詳しく解説させていただきます。

広告収益タイプとしてのインプレッション収益

アドセンス広告クリックされてないけど収益が?なぜ?

アドセンス初心者のうちによくある疑問ですが、これは広告を表示させた意味でのインプレッション収益が入っているからです。

Googleの用語で言えば「インプレッション広告単価」と呼ばれるものです

金額は広告を依頼している企業によって変わってきますので決まっていませんが、1,000回広告が表示される度に定められた収益が入ります。

(まぁ大半Googleが持っていくので1円〜2円です)

なので以下のようにインプレッション収益が上がっていたら企業に感謝をしておきましょう。

インプレッション広告単価例

※お金にうるさいGoogleですがユーザーファーストで丸見えにしときます

悲報ですが前向きにいきましょう

google
て、ことは1円で初収益達成したぞ〜!って感動してたけどクリックされてないってこと?

・・残念ですが、その通りです。

でも悲観することはありません。

それだけの数のアクセスを集めていることになりますし次への一歩とするべきです。

ただ、もしクリック率が0.5%未満を切るようでしたらアドセンスがクリックされない原因を考え対処すべきかも知れません。

データの見方としてのインプレッション収益

インプレッション収益グラフ

データとしてのインプレッション収益は正式には『RPM・・・Revenue Per Mille』と呼ばれるデータ指標の1つとなります。

広告収益タイプとしてのインプレッションとの大きな違いは”クリックされた収益も含む”ということです。

なお、GoogleによるインプレッションRPMの計算式はコチラ

計算方法:
インプレッション収益 =(見積もり収益額/広告表示回数)×1000

アドセンスヘルプ『RPM』より

つまり「見積もり収益:800円」「広告表示回数:2500回」ならページインプレッションは『320円』となります。

何のための指標なのか?

で、それが何の役に立つの?

ということですが、広告収入の安定性をみるために使います。

例えば、大きく変動しているのであれば以下のような予想と対策をしたりできます。

・ミスクリックされただけかも?

↪︎リンクやボタンなどの近くに広告を配置してないか確認する

・広告内容が記事と合っていないかも?

↪︎広告のブロックコントロールでブロックしてみる

但し、月のPV数が3〜5,000くらいだと、1クリックされるかされないかで大きく変動しますので初めのうちはクリック率を見た方がいいです。

また12月や2月は企業やGoogleの決算期のためクリック単価が数倍に上昇しますので、この時期のRPMは参考にしない方がいいです

まとめ

広告には、クリック報酬やインプレッション報酬以外にも色んな種類があります。

データと合わせて自分のブログに最も適したマネタイズ方法を知ることは収益の最大化につながります。

アドセンスに慣れてきたら、ぜひ本格的なアフィリエイトにもチャレンジしてみてください。